『論より証拠』 松山店の痩せたよー!ブログ

今後もそちらへ伺うことはございません。

  • 投稿日:
  • by

中目黒本店にクレームメールが届いた。

○○様

お世話になります。
昨日はありがとうございました。

昨日の施術が20分位しかしていただけなかったので予約はすべてキャンセルいただきたく存じます。

宜しくお願い致します。

というメールが届いたのだ。

担当した○○に事情を訊くと、

施術時間が20分くらいしかなかったとのクレームです。

ツボ押しをして40分くらいから施術をしたんですが、若干スタート遅れたので、その分は長く施術を行ったのですが、お客様には短く思われてしまいました。

説明の時間が長くなってしまう事も、私が改善しないといけない点だと思います。

ということだった。

お客さまに不満があって初回のみで止めるのであれば返金しなければならない。

こちらが送った返金メールの返信には、

○○様

今後もそちらへ伺うことはございません。

とあったので返金した。その振込みが少し遅れたせいもあって、

美ストーリーでは、絶賛されていたのでそちらへ伺いました。
このような対応しかうけられなったことを残念に思います。

というトドメのメールが届いた。

こちらの対応の問題について、確かに直すべき悪い点や謝るべき点はある。それは○○に注意した。

だが、施術スタッフは、全員ナカメの卒業生。受ける側も経験してきている。しかも現役時代からの長い付き合いになっているから、プラス面もマイナス面も含めて、スタッフ個人を信頼しているのだ。

ナカメには接客マニュアルなんてものはないし、作る気もないから、どうやってお客さまに接するのか、それぞれの個人プレーに任せている。

やり玉に上げられたスタッフだって、お客さまを受け入れる資質や聞き上手な点については高く評価している。だから、注意はしても責める気はない。お客さまが続けていれば、うまく受け止めてくれただろうと思う。

一方、このお客さまには、こんな問題くらいで下半身ダイエットしたいという気持ちを諦めるのか、という疑問がある。

初診申し込み時の記録を見ると、

■ナカメサロンを知ったきっかけを教えてください: 美ST(美スト)
■紹介者名:
■ナカメサロンにかける思い:
■過去にやったダイエットで一番イヤな想いをした体験:
■ナカメサロンに決めた一番の理由:

ということで、下半身ダイエットにかける気持ちに応えたいナカメとして知りたいことは、未記入。かける気持ちは、さほどでもなかったのだろう、と推測できる。

正直、傲慢なことをいうと、さほどでもない人には、ナカメに来て欲しくない。どんなお客さまでもいい訳ではない。

ナカメは、真に下半身ダイエットしたい方や下半身痩せを必要とする人だけに応えたいのである。

下半身ダイエットお申込み
       

【論より証拠】のナカメダイエットってどんなダイエット