『論より証拠』 松山店の痩せたよー!ブログ

水を飲んでも食事を抜いても空気を吸っても体重増

  • 投稿日:
  • by

中年太りで最近特に下半身が重くなった。

娘に指をさされて(お腹から太ももを)エステに通ったら?と冷たくバカにされる。

ということでお越しになったKさんの卒業メール

49才 身長154cm

初回   体重47.2kg 体脂肪率31.8% 足の皮下脂肪率34.5%
7回卒業 体重44.9kg 体脂肪率27.8% 足の皮下脂肪率31.2%となっている。

ナカメに出会えてよかった。

自分は太らないとずっと思っていましたが、2年ほど前から徐々に体重が右肩上がり・・・

ちょうどその頃病気が見つかり手術・・・

その後は水を飲んでも食事を抜いても空気を吸っても体重増。

逆に病気になったんじゃないかな・・・と思うくらい。

主治医に相談してみると「悪いところを除けて元気になったからですよ・・・笑」本当に~?

2年間も右肩上がりだった体重がたった2ヵ月で肉食生活で減っちゃいました。

ナカメって、友田先生ってスゴイ。

今後は頑張らないナカメルールで太らない生活を続行していきます。

1カ月後、メンテナンスよろしくお願いします。

ありがとうございましたm(__)m

通常のダイエットのテーマは体脂肪燃焼だろうが、ナカメ式下半身ダイエットでは、下半身の皮下脂肪をいかにして燃やすか、というそれ以上に難しいテーマに取り組んでいる。

まず下半身ダイエットの阻害要素の排除だ。

体脂肪が燃える状態にならない限り、脚の皮下脂肪は燃えない。体脂肪燃焼の一番邪魔になるのは糖質の摂取。

糖質を摂取する限り、体脂肪よりも糖質の方が先に使われるからだ。しかも余った糖質は体脂肪として蓄えられてしまう。追加の糖質はしばらくはセーブしていい。

ナカメでは主食と間食を抜いて、精製度の高い加工度の高い糖質摂取をセーブする。たとえば、パンやパスタ、白米など。ケーキや甘い飲料もそうだ。

かといって、野菜類から摂れる糖質まではカットしない。糖質プラス食物繊維で炭水化物。そうした炭水化物類が不足すると、女性の場合は、特に婦人科系に変調を来すことが経験的に分かっているからだ。

糖質はマクロ栄養素の一つ。その他、脂質のようなマクロ栄養素については、不足しがちなオメガ3系のいい油を積極的に摂ってもらう。逆に、トランス脂肪酸のような悪い脂は摂らないようにしてもらっている。

もう一つのマクロ栄養素であるタンパク質に関しては、もっとも積極的に摂ってもらう。ナカメ式下半身ダイエットのために、下半身についた筋肉を広範囲に微細に壊す。その修復のために、お肉や魚のようなメインディッシュになるような主菜を、2人前3人前くらい摂ってもらうのだ。

ミクロ栄養素のこともある。微量だけれども摂らなければいけないビタミンやミネラル。しかも、いろいろな種類のものが身体には必要だ。食物繊維や酵素、フィトケミカルのようなものも必要とされる。

こうした微量栄養素が不足すると、変に食欲が亢進する。身体にとって足りない微量栄養素あると、不足していない糖質のようなものを過剰に食べても食欲が止まらないようなのだ。

この罠にかからないように、ナカメでは『同食しない』をルール化している。

過去を振り返って食べたことのないものを、その場その時に選ぶ。外食しようが家食であろうが、食べた記憶を頼りにするから、何を食べるか選ぶ時に迷わない。

巷のダイエット法では、あれを食べたらいい、これを食べたらこんな栄養素があるからいい、という、ある意味正しい情報があふれている。

しかしそんなこと言われても、実際には何を食べたらいいか、迷わないだろうか?

ナカメは未来に目を向けさせない。いい未来も描けるけど、その一方で不安も募る。未来は不確定だ。未来に目を向ける限り迷いからは抜けられない。

ナカメは、覚えているくらいの過去の記憶を手がかりにする。

過去1週間くらいならどんな物を食べたのか、うろ覚えでも記憶がある。未来の記憶はないから使えないが、直近の過去の記憶なら、食べ物選択時に使える。

だからこそ、食べたことのないものを選ぶという『同食しない』ルールなのだ。同食しなければ、結果として栄養は偏らない。微量栄養素もいろいろ摂取できる。同じ物を食べないから食べ飽きることもない。

ナカメ式下半身ダイエットには食欲を抑制できるダイエット整体だけでなく、その上に、こうした仕組みも組み込んでいるのである。

下半身ダイエットお申込み
       

【論より証拠】のナカメダイエットってどんなダイエット