『論より証拠』 松山店の痩せたよー!ブログ

特に何か頑張ったわけでもなく

  • 投稿日:
  • by

今までエステに行ったりしても(あまり効果がなかったけど続けるよう強く言われた為、辞めることが出来なかった)全然痩せず、痩せてもリバウンドしてしまっていたので、リバウンドしないように痩せたいと思います。

卒業した人達の感想を見て、私も頑張って痩せたい。

ということでお越しになった会社員のOさん

年齢21歳 身長159cm 

初回   体重61.0kg 体脂肪率28.8% 足の皮下脂肪率37.6%
8回卒業 体重55.2kg 体脂肪率25.9% 足の皮下脂肪率34.2%となった。

最初は本当に痩せるのか不安でした。

でもお風呂に浸かる習慣がなかったので慣れるまで少し大変でしたが、特に何か頑張ったわけでもなくただ淡々とメニューをこなしていくと自然と痩せていきました。

自分では気づかないうちに痩せていったみたいで久しぶりに会った人に痩せたね!と言われたり、きつかったズボンがいつの間にか履けるようになったりと嬉しい事の連続です。

今も半身浴は続けていて食べ過ぎた次の日はちょっと抑えめに食事をしたりしてます。

体重はほぼ維持できてます。

ナカメ式ダイエットはやれば痩せられるメニューはあるが何かを強制しようとしない。

エステや巷にあるようなサロンのように継続するもしないもお客様の判断にゆだねている。

強制をしてしまえば、【こうでなければならない】とお客様自身も思うようになるだろう。

「ねばならない」と考えている人はやったこと、あったことをダメだとして否定する。そうした諸々の否定のあげくにダイエットをやる人の気持ちを台無しにしてしまう。

守らなければならないルールは守れるものではない。それなのに、うまくいかなかったことをわざわざ探し出して、守らねばならないルールに照らし合わせてダメだと否定する。それでは、自分を追い込んでダメ、ダメ人間にしてしまうことになる。

ナカメ式ダイエットの考え方からすれば、それは逆方向に行っている。

否定ではなく肯定すること。やったことや、その結果として起こったことはすべて肯定すること。あったことは、ないことにはできない。

やったこと、あったこと、起こったことを否定するから、そこから目を背けてしまう。目を背ければ、やったことやあったことが見えない。当然、見ていないことは改善できない。

逆に、やったこと、あったこと、起こったことを肯定すれば見えてくる。見えてくれば気づける。気づければ改善できる。

自分では気づかないうちに痩せていったみたいで久しぶりに会った人に痩せたね!と言われたり、きつかったズボンがいつの間にか履けるようになったりと嬉しい事の連続です。

今も半身浴は続けていて食べ過ぎた次の日はちょっと抑えめに食事をしたりしてます。

体重はほぼ維持できてます。

と、このように自分の答えとして気が付ける。

下半身ダイエットお申込み
       

【論より証拠】のナカメダイエットってどんなダイエット