『論より証拠』 松山店の痩せたよー!ブログ

糖質にかなり頼った食生活をしていることに気づかせてもらった

  • 投稿日:
  • by

身体の調子を整えつつ、余分な脂肪を落としたい。
ここではそれが実現するのではないか、その期待を持ってお願いしたいと思っております。

とお越しになったTさん 41歳 156cm 

初回   体重49.5kg 体脂肪率27.8% 足の皮下脂肪率32.9%
8回卒業 体重47.1kg 体脂肪率26.3% 足の皮下脂肪率31.4%となっている。

ダイエット整体について、よかった点は
・糖質にかなり頼った食生活をしていることに気づかせてもらった。

糖質回路とケトン体回路について知る機会をいただいたことに感謝。

糖質を控えれば脂肪がエネルギーになってくれるなんてこれまで考えもしなかった。

ケトン体回路が働き出す瞬間を、気のせいだろうが感じることができたかもしれない。

・血糖値を急上昇させる食品について意識するようになった。精製度の高いお米、小麦粉、砂糖は注意するようになった。

・冷え性の自覚がなかったが、下半身が冷えていることに気づかされ、冷えをとることを心がけるようになった。

・姿勢がどう悪いのかを指摘していただき、仕事中の姿勢を注意するようになった。

・体重と体脂肪率が落ち、足にいくらか筋力がついて、軽く走る程度であれば苦にならなくなった。

・顎関節症もあわせてみていただき、口が開くようになり、肩こりや頭痛がかなり軽くなった。

しんどかった点は
・「早寝早起き朝ご飯」を目指して生きてきた。それなのに、朝ご飯抜きだなんて。
朝食を抜くことが恐くて(職場に辿り着けるのか?集中して仕事ができるのか?)朝食の主食以外をやめることができない。
開始2週間経過した頃に思い切って朝食を抜いたら、意外と普通に過ごせたので、それからは朝食なしに恐怖を感じることはなくなった。
しかし、家族のために朝食を作っても自分が食べられないのはつらかった。白湯やコーヒーを飲んでがまんした。

・朝食を食べないようになると、午前中は空腹との戦いとなった。夕食をタンパク質多めにしっかり食べていれば、この空腹感は軽減されるはずであったが、夕食がたくさん食べられない。
整体を受けたことで満腹感が早くやってくるようになったことと、タンパク質をがっつり食べることがなかなか苦しかった。

以上、しんどかった点2点をあげましたが、過ぎてしまえば大したことではありません。たったの2ヶ月です。
それよりも、家族に「ぞうの足首」と言われていた足首がいくらか足首らしくなり、おなかや背中の贅肉のせいで可動範囲が狭くなり動きも緩慢になっていたのが、子ども達と一緒にストレッチをしたり、走り回って遊べることに幸せを感じています。

痛い出費でなかったとは言えませんが、今後の生活の質をあげるための投資と考えれば、安い!間違いなく安い!と思います。「元気があれば何でもできる」です。「元気」をいただきました。

ありがとうございました。

ではでは良いお年をお迎えください。

来年も友田様のご活躍でたくさんの方々が健康にダイエットを成功されることをお祈りいたします。

下半身ダイエットお申込み
       

【論より証拠】のナカメダイエットってどんなダイエット